アルバイトで何を学んだか

大学を卒業して就職するとそこまで考えていませんでしたが、学生の頃はアルバイトを収入源としか考えていませんでした。
収入を得るために何が必要かと考えて、奨学金の返済を軽減させるためにアルバイトでお金を稼ぐというのがアルバイトの目的でした。

だから、就活の時に「アルバイトで何を学んだか」と聞かれて困った記憶があります。
もちろん対策はしていましたから答えるのは簡単でした。
しかし、そもそも自分はアルバイトをして何を学んだのか、ということを今一度考えてみたいと思いました。
その時は就活の帰りでしたが、ボ~っと外を見ながらアルバイトでしか得られなかったものとは何だろうか、と考えて一つの結論として「自分の中に選択肢が増えた」ということを思いました。

アルバイトをして、私はその業界について、飲食業でしたが、その裏方の存在を知り、そして流通についても知り、今までなかった知識が自分の中に増えてそのおかげで考え方や将来像の選択肢が増えたと思いました。