アルバイトで初体験、わたあめ作り

私は学生の頃、よく大学の厚生課の掲示板に貼り出されるアルバイト情報を見てバイトを申込んでいました。大学斡旋という安心感があったからです。
長期のバイトは経験がありませんが、一日、二日の短期バイトはしょっちゅう大学の掲示板にお世話になりました。
中でも楽しかったのは、車の販売に伴うイベントバイトでした。

お客様感謝デーなどに車屋さんが敷地でわたあめやフランクフルト、ホットドッグや金魚すくいなどの出店(無料)を出して、来たお客様に自由に回ってもらうのですが、その店番をするというバイトでした。
大体ひとつのお店に二人くらいで入って、来たお客さんから引換券をもらってわたあめやホットドッグを作るのです。

ホットドッグやフランクフルトは簡単でしたが、わたあめを作るのが意外と難しく、縁日でやっているように、ただ割り箸をくるくる機械の中で回すだけではきれいに出来ないことを初めて知りました。
バイト同士でこうしたら上手に作れる、こうやったら効率がいい、と色々情報交換して、終盤には完璧に作れるようになったわたあめ、忘れられません。
出店に来るのはお子さん連れが多く、笑顔で受け取って喜んでくれたのも良い思い出となっています。