アルバイトで夢中になれた思い出

大学生の頃は、学業も大切にしていましたが、アルバイト先でお店を回すということで夢中になった思い出があります。
アルバイトは最初は手際が悪くてなかなか他の人のように動けませんでしたが、少しずつ先輩の人から仕事を教えてもらうようにしたり、自分で仕事の手順を工夫するようになってからはちょっとずつ改善していくようになりました。
自分でたくさんの仕事をこなしたり、忙しい時間帯でも自分が頑張ることによってたくさんのお客さんが押し寄せても店が問題なく営業できるようになった時には非常に達成感があるものです。
アルバイトは最初は出来そうにないと思った仕事があったり、とてつもなく手際が悪くて怒られたとしても、バイトを続けるうちにだんだん慣れてきて徐々に自然と上手くこなせるようになることもあるのだと感じます。
接客のアルバイトなら経験を重ねるとお客さんとの意志疎通も上手く出来るようになったり、お金の扱いが上手くなることは多いものです。