アルバイトで学ぶ労働の大変さ

生活の充実には、労働が一番です。
学生の間は働けませんのでアルバイトをする事となりますね。
私も学生時代はアルバイトをしていました。
学生時代、勉学に集中をしたいとアルバイトをしない学生も多くいますが、私の場合はアルバイトをしてやりがいを感じたい、生活を向上させたい、といった思いがあったために働いていました。
アルバイトをしていない友達もおりましたが、勉学に集中をするのは試験前のみ、普段はお金が無いためにテレビを観て過ごしたり、無為に携帯をいじったりして過ごしていました。
私はそんな友達を見て、無為に過ごすくらいならばアルバイトをしてお金を得て、また労働の楽しさを感じて過ごした方がいいのではと、よく思っていたものです。
また、アルバイトなどの労働はお金の大切さを認識させてくれたり、お金は自力で得るものといった概念を感じさせてくれます。
学生にはよく、他人にお金を頂戴、おごって、と甘える人が多いのですが、もし働く事の大変さやお金を稼ぐ難しさを知っておれば気軽に発言できない言葉でしょう。