アルバイトで学んだ機嫌の変化

アルバイトでは、人を見る機会がすごく多かったように感じます。
コンビニでアルバイトをしていたのですが、会社の下にあったせいか、お客様はお得意様ばかりでした。
そのせいなのかは分かりませんが、お得意様の異変にはすぐ気づくようになりました。
異変というのは大げさかもしれませんが、「今日は期限良さそうだな」とか、「今日は怒っているな」とか、そういうことが人目で分かるようになりました。
ですが、極端に接客を変えるわけにはいきません。
それでも、なんとなく相手の感情を分かっているほうがやりやすいというのは事実です。
それを働く上で生かせているなとは感じています。
相手が不機嫌かどうか把握しているというだけで、
覚悟が違うのです。
大げさと思われるかもしれませんが、結構大きなことなのです。
アルバイトをすることで、敬語の使い方を学んだり体力がついたりというのは予想していましたが、まさか、人の機嫌まで分かるようになるとは思っていませんでした。