アルバイトで所得税が発生する時とは

アルバイトと確定申告は、大きな関係があります。というのもアルバイトでは、給料が支給されますね。その給料からは、所得税が引かれています。
ところで前述の確定申告をしますと、その所得税が返ってくる事があるのです。というのも所得税は払いすぎのケースが多々あるからです。しかし税務署で申告をすれば、それが戻ってくるケースが多々あるのです。
ところでアルバイトの所得税は、一体どのような時に発生するのでしょうか。
例えば日給制の場合は、一定以上の金額を超えているかどうかがポイントになるようです。確か7,000円や8,000円程度の日給を超えていると、所得税が発生するというルールになっていたと記憶しています。それと月給の場合は、1ヶ月の収入が確か60,000円などを超えていた時には所得税が発生している筈です。
このようにアルバイトの所得税というのは、ある一定の水準を超えると発生する訳ですね。ですのでもしもアルバイトによる収入がある一定の水準を超えていると思われる場合は、アルバイトでも確定申告を行う方が良いでしょう。税金が戻ってくる可能性があるからです。