アルバイトで料理が上手くなった

アルバイトをして、生活に役立っていることと言えば料理の知識を学べたり、毎日新鮮な野菜やいろいろな種類の酒をお客さんに提供したので、食への関心や知識を深めることが出来たことだと思います。
私は一時期、個人が経営している小さい居酒屋で働いていたことがありました。
酔っぱらいのお客さんが多かったり、お客さんがやけに気さくだったり、最初は戸惑ったこともありましたが徐々に仕事に慣れるにつれて、仕事をした後の疲労感も軽減していきました。
居酒屋さんや飲食店などでアルバイトをすると、自然と料理に関する情報を身に着けることが出来たり、店で調理をするので料理が上手くなることはありがちです。
私は居酒屋で出される料理の作り方を教わり、一生懸命覚えましたが、その中には店秘伝のおつまみレシピもありました。
バイトで自然と覚えた美味しいレシピは今も我が家の定番料理だったりします。
また、アルバイトではまかないを作ったり、まかないを頂く機会も非常に多く、バイト後のまかないは毎回楽しみでした。