アルバイトで自分の持っていなかった技術を習得するということ。

アルバイトは、経験がないとできないものもありますが、未経験でも携わることができる職種も多いですね。

友人の話なのですが、長くデパートの企画の仕事をしていた人で、退職して子育てもひと段落したので、アルバイトをすることにしたそうです。
企画の仕事は、アルバイトではなかなかできないし、時間的に短くしたい事情もあり、時間の決まった仕事で、自宅へ持ち帰ることのない仕事を選ぼうとしたということで、デパートのレジを選んだそうです。
自分が勤めていたデパートではないようですが、関連ではあるようです。

今までと全く違う立場から、同じデパートを見るということと、レジという専門職を習得して、今はいろいろな売り場を担当しているそうです。

デパートはいるだけできっと好きな空間なのでしょうし、たくさんの人が携わっている場所なので、いろいろな仕事があるようなのですが、接客をしながらの会計、レジは、その部分だけをきっちりと担当すればよいそうで、時間を決めてアルバイトする主婦には、とても合っているということです。

レジは専門的なので、最初はやはり研修があるそうですが、ここで研修で習得していれば、将来的に、自宅のそばの、どんなお店のレジも担当できるのではないでしょうか。

アルバイトを通じて、自分の持っていなかった技術を習得するきっかけになるので、とても有意義だと思います。