アルバイトといってもやることは多いのが実情です

やる仕事が多いといえば正社員の仕事だと思われがちですが、正社員の場合には色々な仕事のとりまとめが主な業務内容となっていて、普通はそれほど多様性がない場合もあります。例えば管理に専念する業務の場合には、管理業務だけをやって煩わしい部分はすべてアルバイトに切り替えることもできるので、それができている会社であればアルバイトの方がやることが多いということにもなってきます。
アルバイトでも小さな事業所となってくると、色々なことを命令されます。業務としては求人に限定的な記載がなされているわけですが、実際の労働に於いては求人雑誌に書いてない多様なことを要求されたりすることがあり、契約を結ぶ段階になって初めてわかるケースもあります。
とはいえ、そうした場面で要求される仕事というものは普通はそれほどキツいものではなく、アルバイトでも耐えられるものとなっているため、仕事の内容が多種多様であってもそう難しくはありませんから、個々の仕事を少しずつ覚えていくという姿勢を持ち続けることが重要です。