アルバイトとしての自覚

どんなアルバイトでも責任を持って仕事をすることが大事です。私は初めてアルバイトをした時まだ高校生で、仕事に関しての責任感をあまり持っていませんでした。とにかくお金が欲しくて、そのためにただひたすら作業しているという感じです。アルバイトという感覚はあまりなかったと思います。
失敗をしたら当然私のせいになるわけですが、当時の私は自分の失敗を認めようとはせず、不機嫌な態度をとることで心を落ち着かせていました。今思うとそんな行動はアルバイトとして失格でした。仕事をしてお金をもらっているのに、自分の思うようにならないと不機嫌になってしまうなんて自分勝手すぎますよね。
今ではその経験を糧にしてどんなアルバイトにもうまく対応できるようになりました。アルバイトとしての自覚を持ち、責任感も感じなければいけないと改めて思います。
高校生だからと言って甘えは許されません。アルバイトに年齢は関係ありません。必死になって仕事をすることが大事だと思いました。