アルバイトとして働くまでの2パターンの流れ

アルバイトとして働く為には、流れがあります。そしてその流れは、最近ではかなり多様化していると思います。
まず一般的な流れですが応募、面接、内定ですね。ネット媒体などを用いて求人情報を探し、良さそうな所に応募します。そして企業から伝えられた日に面接を受ける事になります。その面接で問題がなければ、いよいよ勤務開始という流れですね。
それが最も一般的なのですが、最近ではそうでない流れもあります。例えば登録制の場合は、上記の流れとは少し異なります。そのような働き方の場合は応募、登録手続き、お仕事紹介、お仕事開始という流れになります。まず求人を探して応募するのは、上記の一般的な流れと同じです。しかし登録制の場合は、その後で面接を行っていないケースも多々あります。「面接」というより「説明会」という表現の方が適切かと思います。そして登録会社からお仕事紹介が行われて、双方が同意したらお仕事開始という流れになりますね。
最近では後者のようなスタイルが増えてきているそうです。昔は前者のようなスタイルが多かったのですが、最近はアルバイトとして働くまでの流れも大きく変わったものだと思います。