アルバイトとして責任を感じられるような社会

時給で縛り、何となく働いていたアルバイトという労働形態ですが、何だか最近は殺伐としているように感じます。
ブラック企業という言葉は流行り、働くことを恐れている人たちが増えて、何のために働くか、ということよりもその会社がブラック企業であるかどうか、その事ばかり重要視してしまう現状はどう考えても正しいとは思えません。

そもそもアルバイトであっても立派な労働者ですから責任があるわけです。
そして、その責任があるからこそ一人前の労働者として扱うことが求められるわけです。
その辺を勘違いして、一つの駒としてアルバイトを使っている経営者が増えているような気がします。

「アルバイトの方が正社員よりも下」という意味不明な考えもアルバイトからすれば不快なことですし、そもそもアルバイトがいなければ店は成り立ちませんからそのためにアルバイトがいるのであってそのことを誇らしく感じられるような社会になれば良いですね。
アルバイトは楽しいものだと思いますから。