アルバイトとその役職

会社には、必ず役職というものがあります。部長や次長や課長など、色々な役職がありますね。もちろん役職が上になるにしたがって、給料なども高くなっていくのですが。
ところでその役職は、アルバイトと正社員の違いの1つだと思います。アルバイトの場合は、そのような役職が存在しない事が多々ありますね。アルバイトの立場は、皆平等という職場も多数見られます。
しかし例外的に、アルバイトリーダーなどの役職もあります。アルバイト歴が非常に長いベテランの方々などは、その役職に就いているケースもあります。
しかしそのランクの数は、正社員ほど多くはありません。正社員の場合は、上記のような次長や課長などと少なくとも3つや4つくらいの役職が見られます。ところがアルバイトの場合は、それほど役職の種類が多くありませんね。多くても、せいぜい2つくらいだと思います。
つまり上下関係があまり細かくないのが、アルバイトという雇用形態の特徴ではないでしょうか。