アルバイトとはいえ、人生経験になったと思う

今は社会人ですがアルバイトならばいくつか経験があります。
何となく「面白そう」という基準で選んでいましたから実際に面白かったものやつまらなくて辛かったものもあります。

学生の頃はアルバイトが将来のために役立つなんて思っている人はほとんどいないと思います。
就活で「経験の一つ」としてアピールポイントにはなると思いますが、それ以外は自分のやりたいことのためにお金を稼ぐというのがアルバイトの目的だと思います。

私もそうでした。
生活のために働き、遊びにお金がかかりましたから、バイトの給料が入るとすぐに消えてしまうことが多かったです。
それでも本人が満足しているので特に不満はありませんが、それ以上にせっかく時間を使っているのだからもっとアルバイトの経験を生かせないのか、とも考えていました。

人生の多大事な時間を何となく過ごすなんてもったいないのですから、もう少し自分のためになっているということを意識したくて、仕事を完璧にこなしてみたり、社員では気が付かない提案をしてみたり、いろんなことをしてみました。
それが今の私を形づけていると思うとその考えは間違っていないのだと思っています。