アルバイトとバイト代の使い道

私は高校生の頃から社会人になるまで、アルバイトをしていました。
私の場合は、月々のケータイ代から洋服代など、おこづかいを含む自分にかかる
娯楽費用を全て自分で払っていくための目的でした。
友人達は、同じようにアルバイトをしていても、別におこづかいをもらっていたり、
他の友人は親に少しお金を渡していたりと目的や稼いだお金の使い道は様々でした。
当時はアルバイトをしないと好きな物が買えない状況でした。

なので、おこづかいを
もらいながらアルバイトをしている友人がうらやましく思えたりもしましたが、
大人になった今となっては親にとても感謝しています。
自分で稼いだ範囲内の暮らしをする、という感覚が身についているので、
結婚してからも私もずっと働き、自分のおこづかいぐらいは自分で稼ぐという
意識があります。
また友人達も、親にお金を渡していた友人は金融機関でバリバリ働き、同棲
している彼氏よりも稼ぎの良い職についていますし、おこづかいをもらい
アルバイト代に全く手をつけずにいた友人は、今でも専業主婦として家族のお金
で暮らしています。
どっちが良いとか悪いとかの意見をするつもりはありません。

親と子どもが
納得した上でおこづかい・アルバイト代の使い道などを決めていけばいいのですが、
私は自分自身の経験と、友人たちの今を見ると、お金を稼いで使う、という
当たり前の感覚を身につけるために、きちんとお金の教育を子どもにしていきたい
と思っています。その上でアルバイトの経験は必須かな、とも思います。