アルバイトと正社員

私がアルバイトとして働いている会社では、正社員よりもアルバイト
の数の方が多いです。会社側から見たら、正社員を多く雇用するよりも、
アルバイトを多く雇用した方が、人件費の削減ができますね。
アルバイトならば、ボーナスを支払う必要はないですし、時給や日給
単位で支払って、基本的にいつでもクビを切ることもできます。
その点、正社員として雇用すると、いろんな面で、簡単ではなくなります。
また、組合活動がしっかりしている会社だと、不当な就労が認められたら、
正社員としての権利を声高に叫ぶことになったりします。
私としては、アルバイトという身分を結構、気に入っています。
まあ、もう少し、時給が高い方がいいけれど、文句は言っていられません。
そんなにしんどい仕事ではありませんし、アルバイトの仕事を毎日淡々と
こなしていれば、文句は言われませんし、とにかくストレスが少ない仕事
というのがなによりも第一に考えています。職場の雰囲気も気に行っています。