アルバイトと正社員の違いを感じる時

学生が働いている店は活気があるのですが、何というのか危なっかしい所もあります。
アルバイトですから別に高度なレベルを求めていませんが、例えば私の知り合いの社長や偉い人と飲みに行くと何度も通っている店ですがいつも通りに「お久しぶりっす」と言われてドキッとしてしまいます。

知っている顔ですから一人や同僚と来ている時に気軽に話しかけて仲良くなったのですが、横にいる社長が怪訝そうな顔をすると冷や汗が出ます。
その程度のことで気にする人ではありませんし、その店を選んだ自分にも落ち度はありますが、それでももう少し察してくれればいいのに、と思ってしまうことがあります。

アルバイトですからそこまで気にする必要はないのかもしれませんが、その辺の対応力が時々ドキッとしてしまうのです。
それでもアルバイトをしていろんな人と会って、お客さんと仲良くなれるそのフランクさは重要だと思いますが。

経験によって人が成長していくならばそのことが彼らが社会人になってアルバイトの時のことが生かされればいいなと、思っています。