アルバイトならではの曜日応相談

世間で公開されている様々な求人広告の中には、たまに応相談という文言が用いられている事があります。アルバイトの求人広告でも、そのような文言はよく用いられていますね。
では何を相談するかというと、曜日です。実際にアルバイト勤務をする曜日を、上司の方と一緒に相談するというスタイルを採用している企業もある訳です。
というのもアルバイトという雇用形態の場合、1週間フルタイムで働かなくても構わない企業も有るのです。1週間に1日や2日のみの出勤というアルバイトも、中にはありますね。その1日や2日を何曜日にするかを、上司の方と相談するというスタイルになっているのでしょう。
そのようなスタイルは、アルバイトならではです。正社員の場合はそうではありませんね。1週間フル出勤をする事になる訳ですから、そもそも曜日応相談というケースがほとんどありません。
ですので求人広告における「勤務曜日応相談」というのは、アルバイト独特のものかなと私は思います。