アルバイトにおける103万円と130万円の壁

主婦や学生がアルバイトをする場合、「年収を103万円(もしくは130万円)以内に抑えている」という話をよく聞きます。
たいていの主婦や学生は、税制面において「扶養家族」という位置付けになっています。
扶養家族というのは字面が示すとおり、「養われている」ということで、主婦であれば夫の、学生であれば父親の扶養に入っていることが大半です。
しかし、扶養に入るためには、「収入がない」という条件を満たす必要があります。
逆に言うと、ある程度の収入がある人は、扶養から外れてしまうということです。
その基準には2段階あり、1段階目が103万円というわけです。
これを超えると扶養から外れるため、夫もしくは父親の所得税額が上がり、本人にも所得税の支払い義務が発生してしまいます。
さらに、年収が130万円を超えると、健康保険の扶養からも外れるため、自分で国民健康保険などに入らなければなりませんし、年金の加入義務も発生してきます。
そうなると、却って収入が減ってしまう可能性が高いので、多くの人が103万円や130万円を超えないように調整してアルバイトをしているというわけです。