アルバイトについて書いてみた

自分は、大学生の時にいろいろなアルバイトをやっていました。そのうちのいくつかについて書いてみたいと思います。まずは、引越しのアルバイトをやっていました。これは、はっきりって、肉体的にかなりきつかったです。ひたすら荷物を運ぶだけなのですが、重い荷物もたくさんあり、1日3,4件やっただけで、手足の筋肉痛がものすごかったです。あとは、工場での製本作業もやっていました。これも、肉体労働で、単純作業をひたすら繰り返すというものでした。自分は体力がそんなにあるほうではないので、これもかなりきつかったです。次にファーストフード店でもアルバイトをしていました。とはいっても、レジでの接客ではなく、厨房で作るほうの担当でした。やはり肉体労働なのですが、引越しなどに比べれば、肉体的にはかなり楽でした。いろいろな人と交流できたので、そういった点でも良かったと思います。最も楽だったのは、選挙のポスター張りです。これは、自転車に乗って、ひたすらポスターを貼るだけだったため、とても楽でした。