アルバイトにより考え方を改める

アルバイトを始めた事で、お金の尊さや大切さ、労働についての考え方、などを得られました。
アルバイトを開始する前、と言いますと親がいくらでもお金をくれていたために、お金とは簡単に手に入る物、とすら思っていました。
アルバイトを始めると、自分の一時間がたったの1000円程度にしかならないのですから、1000円の価値が自分の中で大きくなりました。
千円なんて少額、とすら思っていた昔、思う存分に欲しい物を買っては要らなくなるといった無駄遣いをしていました。
アルバイトを開始してからはたったの百円でも大切に思えるようになりました。
百円を無駄遣いする事は無くなり、大切に大切に使っていますね。
また、労働はしなければならない物といった考えも身につきました。
働く人がいなければ社会が機能しませんので、働きたくない、働かない、との考えはNGといった精神を養い、働き者となりました。
百円の物を購入する際、自分の百円分の労働力と比較し、それでも価値があると思ったら購入をするようになりました。