アルバイトに応募する時

私はアルバイトは応募する時が一番緊張する瞬間だと思っています。実際にアルバイトをしている時よりも勇気がいることだし、初めての相手と会うことにもなり、アルバイトそのものよりも応募を決めた時が最も難しいことだと感じています。
実際に何度かアルバイトに応募したことがありますが、電話する時は心臓がドキドキしてどう喋ろうかとか、この時間に電話しても大丈夫だろうかとか、そういうどうでもいいことを電話をかけてから考えてしまい、どんどん緊張感を高めてしまいます。私自身小心者ということもあり、余計に緊張してうまく話せなかったりします。
そんな緊張感もあり、採用された時はホッとしすぎて力が抜けることもあります。面接合格がゴールではないのに、そこで終わりかのような達成感に包まれ、初給料をもらった時以上に喜んでしまいます。
肝心なのはアルバイトをスタートさせた時なのです。何も知らないゼロの状態からどう自分を成長させるか。アルバイトはその辺が勝負になると私は思っています。