アルバイトのデメリットは何?

アルバイトは自分の都合で働くことの出来る便利な雇用形態です。
ですがその一方で大きなデメリットも存在します。
アルバイトのデメリットとは何でしょうか?
何よりも大きなデメリットは、正社員などの正規雇用に比べると全てにおいて保証が低いということです。
アルバイトは非正規雇用のため、正規雇用より解雇されやすいです。
会社で人件費を減らすとき、真っ先に解雇されるのはアルバイトでしょう。
保険や福祉もしっかりしていないところが多く正規雇用にくらべ充実していません。
また、仕事面においてもアルバイトはなかなか責任ある立場も仕事も与えられることは無いでしょう。
そういった意味ではやりがいを感じられることは少ないかも知れません。
長く働いていても正規雇用の様な昇級は見込めませんし、もちろんボーナスもありません。
アルバイトは自分の都合を優先することと引き替えに、その保証は低いのです。
アルバイトを始める人はそのメリットデメリット両方を理解した上で選ぶことが大切です。