アルバイトの利用者の多くは未経験です

未経験でアルバイトに応募するというのが、通常の利用者の普通の状態ですので、いかに経験を積んでいるかが、人との差をつけるための条件と言えるでしょう。
つまり経験者ほどアルバイトを探すときには有利になるのです。一方で経験がない人は有象無象の一人になってしまいますから、そういう意味ではかなり不利です。しかし、不利であるからこそできることもあります。その一つが過去のまったく別の経験をいかにして生かすかで、例えば業種の違うアルバイトをしていたということで、実際には全然違う業種でありながらも、何か共通面があるという事実が見つかったりします。
特に重要なのは、仕事の内容の小さな部分がいかに生きてくるかを力説することです。仕事内容で細かい作業をしていたのであれば、手先が器用であることを主張することができますし、また力仕事ならば体力面でのアピールができます。
このように、未経験の分野であったとしてもアピールポイントはできてくるので、それをいかに宣伝するかが欠かせない条件となっています。