アルバイトの効率と安定

私の場合は学生時代にアルバイトをたくさんしました。
友人などのアルバイトは長期でやっている人が多く、毎月あまり変化しないアルバイト料を稼ぐようなパターンが多いようでした。それに対して私自身はアルバイトは長期でやったということはほとんどなく、短いものは数時間、長いもので一か月程度で終了するものばかりでした。
長期のアルバイトは週に数日のアルバイトというものが、多いようでしたが長期の分アルバイトの金銭効率は良いものではなく、安定的ということがメリットであり、短期のアルバイトでは安定的に収入はありませんが、金銭効率は良くなるという特徴がありました。
私の場合は金銭効率という面を重視することが強い傾向にありましたが、そのほかにも週に何日かの拘束日があるということが性格的に合わないということも大きな理由でありました。
さっさとアルバイトを実施して、さっさと稼いでしまうというのが最も正確にあったやり方であったのです。