アルバイトの存在は有り難い

正社員として働いてアルバイトの人たちを見ると何だか懐かしい気がします。
自分たちの方が安定しているとか、正社員の方が大変だとか思うこともありますが、それでもアルバイトという存在があって自分たちの仕事が成り立っているということは実感しています。

仕事に役職は仕方がなくてもヒエラルヒーは必要ないと思います。
自分がアルバイトの時も思いましたが、何でもやってくれる便利な駒というイメージはアルバイトの負担を増やしてしまいます。
正社員がボーナスの話をしている横でアルバイトの人たちは淡々と仕事をしているのですから何とも言えない感覚になります。

今の時代は待遇に格差があるので仕方がないですが、それでもアルバイトの存在は絶対に必要だということは感じています。
これは別に残業を押し付けようとする意志があるのではなく、ただ単純にメンバーとしてアルバイトの存在を重要視しているのです。

私のような下っ端ではどうしようもないこともありますが、毎日「お疲れ様」くらいは言うようにしています。