アルバイトの方が正社員より稼げる理由

アルバイトは、しばしば正社員よりも稼げる場合があります。正社員の月給が20万円台なのですが、アルバイトの月給は30万円という事例もたまにあるのです。
なぜそのような事が起きるかというと、アルバイトの給料は時給で計算されるからです。時間給ですので、長時間勤務すればその分積み重なっていきます。月間300時間も勤務すれば、かなりの収入になると思うのですが。
またアルバイトの勤め先によっては、残業代が発生します。労働基準法では1.25倍になるのですが、それが積み重なるとかなり大きいです。
これに対して正社員の場合、月給制になりますね。このため1ヶ月の給料の上限が発生する場合があるのです。労働時間は長いものの、1ヶ月の給料が20万円に限定されるケースもあります。
このため職場によっては、アルバイトの方が正社員よりも稼いでいることがある訳です。ですので長時間の勤務で稼ぎたいと思っている場合には、かえってアルバイトの方が効率が良い一面もありますね。