アルバイトの時給を比べる

友人達とお酒を飲む場で集まって話をすると給料の話になることが多くあります。既に正社員で働いている友人は給与についてはあまり言いたがらないのですが、アルバイトの場合は時給で全て分かるのです。

最低賃金よりも下がることは無いのですが、それよりもどれだけ高い時給をもらう事ができるかがポイントだと思います。昼間のアルバイトの場合は、ほとんど違いはなく誤差の範囲だといえます。なので、給与の差がはっきり出てくるのは夜勤となる夕方から後に勤務を開始する時間帯の仕事です。

能力的に必要なスキルが問われるし、多くの人は昼間の時間帯に仕事をしたいと思うので、どうしても時期を高くしないと夜勤のアルバイトは集まらないといえます。

わたしも給与が良い事を理由にアルバイトを決めるので、どうしても昼間の勤務の時間帯は避けるようにしています。午前中いっぱい睡眠を取り、夕方から仕事に出るというパターンが最も給与もよくて、生活のサイクルも崩れないバランスになると思います。