アルバイトの暇な時間

アルバイトというのは、本当にそれぞれだと思います。
忙しすぎるものもあれば、暇なものもあります。
私がやっていたアルバイトは、忙しいときと暇なときが極端でした。
その中間というのはほとんど無かったと思います。
お客さんがこれでもかというほどドッと来る時間帯、閑散とする時間帯、この間の客入りだったら丁度いいのにと、何度思ったことでしょう。
私がいくら考えてもどうしようもないのですが、そんなことを考えてしまうくらい、暇なときは本当に暇でした。
課題やってもいいかなと思うくらいに人はいなかったです。
ですが、そんなときでも仕事をちゃんと見つけてやらないといけません。
人がたくさんいるとなかなか出来ない掃除、壊れたものの修理、お金の確認など、最初は何をしていればいいのか分かりませんでしたが、働いていくにつれ、時間の使い方が上手くなったと思います。
暇な時間を作らないというのは難しいですが、減らすのは結構簡単だなと実感しました。