アルバイトの確定申告と年収

毎年2月になりますと、多くの税務署では繁忙期に突入します。その理由ですが、確定申告ですね。事業を営んでいる方々にとっては、とても面倒な時期の1つでもあります。
ところで確定申告は、アルバイトにも関係があります。というのもアルバイトとして働いている場合でも、申告が必要になる事があるからです。
ただし誰もが申告を行うという訳ではありません。それには1つの基準があって、アルバイトによる収入がトータル103万円以上になっているか否かです。ちなみにその金額は、年収ですね。このためトータル80万円であれば確定申告は不要ですが、110万円などになっている場合には確定申告を行う必要があります。
そして確定申告には、メリットもあります。人によってはちょっと所得税を払い過ぎているケースがある訳ですね。申告をするとその払いすぎている分が戻ってくる事がありますので、103万円を超えているのであれば申告すべきでしょう。なおその際には、アルバイト先から書面を発行してもらう必要があります。