アルバイトの経験があると、社会人のスタートラインが違う

社会人として働くようになり、後輩が次々に入社してきて思うことがあります。
それは、学生時代にアルバイトをする経験はとても良いことだということです。
私自身も、洋服を買ったり友人と遊びに行ったり、自分で自由に使えるおこづかい
が欲しくて学生時代何かしらのアルバイトをしていました。
その時には強く感じなかったことですが、社会人となってから、あの時にアルバイトを
していて良かったと思うことが多々あります。
また後輩を見ていても、仕事の出来ない後輩にアルバイトの経験を尋ねてみると、
だいたいの人がアルバイトの経験がないということが分かります。
アルバイトの経験ひとつで、社会人となってからの働き方全てに影響を及ぼす訳では
ありませんが、社会人となり働く、というスタートラインに立った時に、心の持ち方
が違ってくるのでしょう。
ある程度お金を自分で稼いだことのある人は、これだけ稼ぐにはこれだけ働かなければ
ならないという感覚をすでに持っているので、アルバイトの時に稼いでいた2~3倍の
お給料をもらえるならば、単純に当時よりも多く働き、責任も増えるということが分かって
います。
また、稼ぐことの大変さを知り親への感謝を持つ、という観点からも学生時代にアルバイト
をすることは、とても良い経験です。