アルバイトの雇用保険について

アルバイトでも、雇用保険に加入することができます。
昔のアルバイトは雇用保険の加入は、企業によってまちまちだったりしたものです。
今は法律も変わったので、一定の労働基準を満たしている場合には、必ず加入するようになっています。

一週間あたりの合計の労働時間が20時間以上から30時間未満で、
1年以上継続した雇用の予定があることが、条件となっています。
これらの条件を満たしている場合には、雇用保険にアルバイトでも加入できるようになっています。

念のため、労働契約内容は、雇用契約書の発行をしてもらった方が安心です。

失業したときのためにも、雇用保険はとても大切です。次の仕事が見つかるまで、雇用保険があるからこそ、仕事を探すことができるからです。

アルバイトをしている人や、アルバイトをこれから探そうと思っている人にとって、雇用保険の加入条件が拡大されたことで、安心してアルバイトを探すことが、できるようになりました。

雇用保険をすぐに受給できる対象は、倒産した場合です。
自己都合退職の場合には、受給にあたって、待機期間が長引く場合もあります。

いずれにせよ、アルバイトをする人にとって、雇用保険の加入条件が拡大されたことは、安心感にもつながるはずです。