アルバイトの面接

私は大学に入ってから8回程アルバイトの面接を受けましたが、一度も落ちたことはありません。当たり前のことだと思っていたのですが、意外とアルバイトの面接で落とされる人が多いようですので、面接の際に気を付けていたことを書こうと思います。

①アルバイトの目的・動機を明確にする
なぜ選んだのか、何を出来るのか、何がしたいのか
一貫性をもつことを意識していました。

②印象
応募したアルバイトに応じて、印象を変えていました。
例えばカフェなら落ち着いた印象、イベントスタッフなら元気な印象、という感じです。

③時間の自由度
アルバイトに入れる頻度を聞かれたときです。
嘘はつきませんでしたが、考えられる最長・最大の頻度を答えていました。

私が特に気を付けていたのは上の3点です。
その他にも服装や言葉遣いなどがみられることもあるかと思います。
アルバイトの面接はこれくらいを気を付けておけばおそらく落とされることはありません(大人気の場合はわかりませんが・・)。
もし、これから面接にいかれるのであれば、ご参考下さい。