アルバイトの面接では勤怠の見込みを見られる

アルバイトの面接では、遅刻は禁物です。遅刻をしてしまうと、それだけで面接の合格率が激減すると考えた方が良いです。
そもそも採用担当者は、アルバイトのシフトを気にしているものです。それはアルバイトを雇っている従業員の目線を考えると、よくお分かりになると思います。
例えばアルバイトAとBの方がいらっしゃるとします。Aさんはシフトに遅刻をする事は1回もなく、ほぼ皆勤という状況だとしましょう。もちろん欠勤をする事もない人だとします。それに対してBさんの場合は、たびたび遅刻をしているとします。どちらの方が優遇されるかは、言うまでもありません。
このような理由がありますので、面接ではアルバイトの応募者が果たしてシフト通りに来てくれるかどうかは重視される訳です。ですので遅刻をしてしまうと、やはり面接ではちょっと厳しくなると考えた方が良いでしょう。
また学生の方がアルバイトの面接に応募するのであれば、「今まで学校に遅刻した事は1回もないです」等とアピールをしてみるのも良いですね。勤怠を守ることができるという点をアピールするのは、面接のコツの1つだと思います。