アルバイトの面接の特色と採用率

アルバイトの特徴の1つは、採用率です。
アルバイトでは、大抵の場合は選考があります。面接などを行って、果たして問題なさそうな人物かどうかを見る意味合いがあるのですが。
ところでその採用選考は、もちろん正社員も同様です。正社員になる為には、どこの企業でも必ず面接が行われます。その面接で通らないと入社ができないのは、アルバイトと同じです。
しかし両者には明確な違いがあって、それが冒頭で申し上げた採用率なのです。結論から言えば、アルバイトの方が正社員よりも採用率が高いです。私は今までにアルバイトと正社員の面接のどちらも受けていますが、明らかに正社員の方が採用基準が厳しいと感じました。会社にとって重要なポストですし、それも当然なのですが。
それに対してアルバイトの場合は、正直それほど厳しいと感じたことがありません。会社によっても内定率は異なりますが、きちんと受け答えをしていれば大抵受かりますね。採用率が高いのが、アルバイトの特徴という訳です。