アルバイトはほぼ必須なアメリカの大学生

アルバイトという働き方は、アメリカ人とは非常に密接に関わっているようです。というのも向こうの国の方々は高校を卒業すると、たいていアルバイトをする事になるのだそうです。
アルバイトをする理由は色々とありますが、その1つは学費ですね。大学に行くとなると、当然お金がかかるでしょう。そのお金は親が捻出してくれるのではなく、向こうの国では自力で稼がなければならないそうなのです。そのためにアメリカの大学生は、アルバイトを行っているケースが非常に多いそうですね。
日本の場合はそうとは限りません。ご両親が学費を捻出してくれるご家庭も多いですね。しかしアメリカの場合は、ご両親からの自立を促されるケースが非常に多いそうです。たとえ裕福なご家庭であっても、両親から独立してアルバイトをするように言われるのだそうです。
ですので日本と違ってアメリカにおいては、アルバイトというのは非常に大事な意味合いがあると思います。何となく文化の違いを感じますね。