アルバイトはやりがいが魅力的

私は去年、スーパーのレジでアルバイトをしていました。
レジはスーパーの顔とも言えるくらい大切な存在ですし、毎日たくさんのお客さんと意思疎通しながら仕事をこなす必要があるので大変ですが、お客さんから感謝されたり、常連のお客さんから優しくしてもらえたりすると本当に嬉しかったです。
最初はレジ打ちが下手でしたし、商品を上手く読み取れないとパニックになりそうでしたが、徐々にレジ打ちのスピードやお客さんへの対応にも慣れてきて、先輩から褒められることも増えました。
ただ、レジのアルバイトは一日中ずっと立っていないと行けなかったので、足がだるくなったりむくんでしまうことは多かったです。
基本的にはマニュアルに沿って行動していれば良かったですが、臨機応変に人と接する仕事なので大変なことも多かったです。
アルバイトを始めてからは礼儀や人への態度を見直したり、コミュニケーションスキルや身だしなみの大切差にも気が付いたり、人間性を磨くためにもアルバイトは非常に役立ちました。