アルバイトは何でもやってみること

私が学生の頃にいつも考えていたのは、アルバイトを何でもやることでした。1度やってみたアルバイトは経験があるので別の店舗で作業するのも楽ですが、それだと何か進歩していないような感じがしたのです。

違う業種のアルバイトをこなしていくことにより、私の職業レベルが少しずつ高まっていくような気がするのです。そんなスキルアップの考え方からアルバイト先を探していたので、求人情報誌でも見る範囲はとても広かったのです。

そして、いつも掲載量の多いファーストフード店やコンビニチェーン店の募集内容はほとんど目を通さずに、人気がなさそうなアルバイトの情報をいくつもチェックするようにします。そうすることで、これまで考えたことも無いようなアルバイトに挑戦できるのです。

数ヶ月アルバイトをやっていて、このスキルがクリアしたかどうかが自分で分かってきます。そうすると、別の業種に働きたいという変な虫が動き出すのです。そしてまた別のアルバイトを求人情報誌で探しているのです。