アルバイトは子供でもやるべきだという意見

子供がアルバイトをすると、多かれ少なかれ、社会勉強になるものです。働くということの大変さを実感することもできますし、お金を稼ぐことの素晴らしさも深く理解することができるでしょう。ですから、子供がアルバイトをすることにも教育的意義があります。
ただ、だからといってアルバイトを子供に強制したり、義務化したりするようなことはできないでしょう。それぞれの家庭にはそれぞれの教育方針があり、子供のアルバイトにも賛否両論があります。それに、その子供の年齢というのは具体的に何歳から何歳までなのかも意見の分かれるところです。しかし、学業を終えて社会人となる前、学生時代に何らかのアルバイトを経験しておくことは、その人の人生にとってプラスになることが多いのではないかと思います。
ともかく、子供や学生のアルバイトは、学校の勉強の妨げになるようなことはあってはなりません。せっかくアルバイトから何かを学ぶことができても、肝心の勉強が疎かになってしまっては本末転倒です。その点だけは気を付けたいものです。