アルバイトは所得税に注意して

働く時間を選択できるアルバイトは、お金を稼ぐ方法としてとても便利なものです。比較的休みが取りやく責任の重い仕事をするわけでもなく気楽に働くことができます。こんな便利な働き方であるアルバイトにも注意しておきたいことがひとつあります。それは、所得税です。
アルバイトも労働者なので、毎月の給料から所得税が引かれています。この所得税は年間の収入に対して支払うものなので、毎月の給料から引かれている所得税はこのくらいの収入になるだろうという見込みの計算で算出されている金額なのです。
そして、年度末になると会社の年末調整でこの所得税を支払う金額を調整されるわけですが、アルバイトの場合だと処理してもらえないことがあるのです。こういうときには、会社から源泉徴収表を貰って自分で確定申告をしないと余計に所得税を支払うことになってしまいます。これは、会社を年度末内で辞めてしまった場合も同じことです。
正社員よりも収入の少ないアルバイトの方が所得税を多く払っている、なんてことにならないように注意する必要があるのです。