アルバイトは教育にも修行にもなる

私は50代の男性会社員ですが、実家が貧しかったので、小学生の頃からアルバイトをしていました。当時、同級生の子供たちが皆で楽しく遊んでいるのを尻目に、私はアルバイトをしなければならなかったので、寂しくつらい思いも味わいました。
しかし、子供のアルバイトは辛いことだけではありません。バイトのおかげで根性は鍛えられましたし、精神的にタフに育つこともできたと思います。今にして思えば、私はアルバイトによって或る種の社会教育を受けつつ育ったのだと感じることもあります。
今、小学生の子供がアルバイトをすることなど殆ど無い時代だと思いますが、そんな今の時代だからこそ、教育の一環として、小学生でもアルバイトをしても良いのではないかと思います。特に学校に馴染めず不登校になってしまったり、何らかの問題を抱えているような子供は、アルバイトを切っ掛けにして立ち直ることも出来るのではないかと思います。
人生、何事も経験です。教室の中で先生から教えてもらうことだけが勉強ではありません。アルバイトの経験も、大切な勉強です。