アルバイトは短期間だけでも大丈夫

普段は勉強や部活動などが忙しくてなかなかアルバイトを楽しめない人は、長期ではなく短期アルバイトを見つけるようにすると安心です。
私は学生時代、お金が欲しくなった時や、夏休みや冬休みなど休暇があった時にはひたすら短期アルバイトを頑張ることが多かったです。
正月前後には郵便局で年賀状をたくさん仕分けしたり、クリスマスケーキ作りを工場でお手伝いしたり、地元の神社で巫女さんになったこともあります。
短期のアルバイトはその時期ならではのユニークなアルバイトも多いですし、人間関係のしがらみが少ないので気楽な気持ちで働けるので、私は大好きでした。
長期的なアルバイトだと合わない先輩や仲が良くないアルバイト仲間がいるとしんどいですが、短期ならば割り切って働けますし、人間関係の悩みもあまり気にせずに済むのです。
節分で恵方巻きの酢飯を炊くアルバイトや、バレンタインでデパ地下で売り子をするバイトなど、私はこれまでに色々な短期アルバイトを経験しました。