アルバイトは税金に注意

アルバイトで働いたことのある方は、「103万円以上稼ぐと税金を取られてしまう」という話を耳にしたことがあるのではないでしょうか。これは、非常に有名な話ですが、一体なぜ103万円を超えると税金が掛かるのか詳しい点について知らないという方も多いかもしれません。そこで、今回はアルバイトと税金について詳しくご紹介していきます。
まず、この103万円とはなんなのかを先に説明すると、この103万円は「この額までなら課税されませんよ」という控除額のことを指しています。具体的には、従業員として働いている人を対象とした給与所得控除+原則として全ての人が受けられる基礎控除を合計した控除額となります。
また、学生がアルバイトをして103万円以上稼ぐ場合には、さらに厄介です。なぜなら、基本的に学生は親の扶養に入っていますが、103万円以上稼ぐことでこの扶養対象から外れてしまい親の税金負担が増加してしまうためです。
自身も103万円を超えることで、税金の納税義務が生じ、親の税金も増えるとなると非常に損ですので、103万円を超えないように働いているというわけです。