アルバイトは自分の物欲のための手段

社会人になっても給料日が一番幸せな気分になります。それはおそらくこの先も変わらないのでしょうが、大学の頃アルバイトをしている時は今以上に興奮していたような気がします。
当時は月に5万円~10万円程度稼いでいましたが、ほとんど使ってしまうような使い方をしていました。

銀行口座に振り込まれている金額を見て、そのまま引き出して、何故かったのかよく分からないものを買ったりもしました。
高校頃はアルバイトなんてしませんし、浪人中の一人暮らしの時は奨学金なんてありませんでしたから、自由に使えるお金なんてそもそもそんなになかったです。
それが大学に入り、10万円近く使えるのですから部欲が爆発しました。

でも、社会人になって当時のことを振り返るとアルバイトで働いたことやそこで知り合った人のこと、居酒屋の裏側も知れました。
他にもたくさん学んだことはありますが、物欲も学生頃爆発させておいてよかったです。
今は物欲など無く貯金額だけが積み上がるだけですから。