アルバイトは貴重な存在

学生時代は沢山のアルバイトをしたものですが、社会人になる前に仕事とはどういったものなのか、
を疑似体験出来るアルバイトは貴重な存在であると思います。
アルバイトによるとは思いますが、社員の方の働き方や上下関係、特に働いてお金をもらう事の大変さを学ぶにはとても良いものだと思います。
ファーストフード店でアルバイトするにせよ、ガソリンスタンドでアルバイトするにせよ、何かしら学べるものはあると思います。
私もアルバイトして初めて給料を貰った時には嬉しかったのと同時に「これだけ働いてもこの位の給料しか貰えないのか」と感じたのも覚えています。
仕事にしてもアルバイトにしても、仕事の内容や求められる責任の違いといった立場的には大きな違いはあるものの、
働いた対価としてお金を貰うという本質的な部分は同じであるように思います。
ですので、可能であるならば出来るだけたくさんのアルバイトを経験しておいた方が違和感なく社会に出る事が出来ると思います。