アルバイトは都合の良い雇用形態です

昔の企業は正社員を雇う事が多かったと言えます。
ですが今は正社員だけでなく、様々な雇用形態を取る事が多くなっています。
正社員と言うのは会社にとって重要な存在ですが、給与や福利厚生で人件費が高くつく事が多いです。
ですから出来るだけ経費を抑えたい企業にとっては、正社員をあまり多くは雇いたくはないのです。
そこで最近ではアルバイトやパートなどを、多く雇う事が多くなっています。
アルバイトやパートならば、人手が足りない時にだけ採用する事が出来ます。
ですから固定費となってしまう正社員よりも、アルバイトやパートの方が使い勝手が良いのです。
私たち働く側にとっても、アルバイトやパートは働きたい時にだけ働けますから、都合が良いと言えます。
つまりアルバイトやパートは雇用する側にとっても、働く側にとっても、都合がいいものなのです。
特に小売業や製造業は仕事の増減が激しいですから、人手の増減がしやすいアルバイトやパートを多く使うのです。