アルバイトは長期と短期を組み合わせました

アルバイトは非正規の雇用ですが、雇用期間の長さによって長期と短期に分ける事が出来ます。
長期も短期もそれぞれ長所と短期がありますので、どちらが良いとは言えないのです。
長期アルバイトは長く安定的に働く事が出来るので、落ち着いて働き続ける事が出来ます。
ですがその一方で長期は時給が安い事が多く、長く働かないと満足な収入にならない事が多いのです。
短期アルバイトは雇用期間が短いだけに、その分時給が高い事が多いです。
ですから短時間だけ働いたとしても、結構な収入になる事が多いです。
ですが短期アルバイトは雇用期間が短いだけに、収入が安定しないのが短所と言えます。
ですから私は長期アルバイトと短期アルバイトを組み合わせて働いていたことがあります。
平日は長期アルバイトをして、休日には短期アルバイトをしたことがあります。
また長期アルバイトを一日お休みして、短期の一日だけのあるバイをしたこともありました。
アルバイトは時給が命なので、上手く働かないと生活費を稼ぐのが大変なのです。