アルバイトへのボーナスの支給と仕事の質の向上

アルバイトは、学生が週末だけ働いたり、夏休みや冬休みに短期間働くというイメージがあります。しかし、成人になって学校を卒業してからでもアルバイトで働いている人はたくさん存在します。
他の雇用形態で仕事をしたくても、雇用主の事情などがあって、他の雇用形態に就く事ができない場合は選択肢が他にないので、仕方なくアルバイトとして仕事をする人が多いです。
ボーナスや臨時収入と呼べる手当が付かないのでは、学生のアルバイトと同じような扱いだと感じても無理はありません。しかし、最近では景気の回復や賃金の上昇によって、アルバイトの人でも成績次第で
ボーナスをもらえる場合があって、仕事のやりがいにつながっている人は決して少なくありません。ボーナスの支給が、かえって仕事の質の向上にもつながります。多くの企業においては成績次第で、雇用形態にかかわらず、ボーナスの支給額を変化させて、仕事の質をあげる事でさらに企業が活性化につながります。