アルバイトへの指示の出し方

アルバイトの方々に指示を出す際、気をつけるポイントはいくつかあります。これは、どんな仕事でも共通すると思います。
まず、その人はどういう人なのかを知ること。人というのはそれぞれ価値観やスキルなど、全てが違うものです。そういった人たちに指示を出すには、その人たちの特徴を把握していなくてはなりません。分かりやすい例で例えるならば、アルバイトの中でも責任感がある人と責任感が薄い人がいます。責任感の薄い人にチェックが何重にも必要な重要な仕事をお願いしても、結局二重の確認が必要になったりと、なにかと効率が悪いものです。逆に、責任感がある人に、簡単な単純作業ばかりやっていただいていては、まさに宝の持ち腐れです。
次に、正確に依頼をする事。アルバイトはその仕事のプロではありません。その仕事が後にどう影響するのかの想像もつき辛いものです。ですので、逃してはいけないポイントなどを強調して、きちんと仕事内容を説明、依頼する事が重要でしょう。