アルバイトをしている人の多くは短期間にやめてしまいます

アルバイトの世界は普通に考えて非常に停滞していて、すぐにやめる人が多いということがその状況をより促進させています。この場合にやるべきこととしては、逆に長く勤務するということでしょう。そうすればたったそれだけの努力によって自分の価値を相手方に知らしめることができるからです。他の人がやめている状況だからこそ、長期的に勤務するということの意味がでてくることになります。
またアルバイトをするときに気になるであろう教育に関しても、それができるタイプの人はとても貴重な存在として重宝されることになりますから、勤務していて優れた存在として認識されることとなります。
勤務時に考えなければならないのは、いかにしてその仕事で重要なポジションを担えるかという部分です。
アルバイトであれ重要なポジションはあるわけですから、貴重で他の人にあまり代替ができないような立場にたつことができれば、アルバイトでありながら会社内では高い地位になることも不可能ではありません。